×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

『ある傭兵の詩』


私に……私に戦う場所をくれ、俺は、俺はレイヴンでありリンクスなんだ……

硝煙の臭い、……咆哮するブースター、砕け散る鋼鉄、機体と繋がる瞬間。
その全てが破壊的なまでに甘美なる快楽。
そこに生の意味がある、生きる悦びがある。

勝利か、敗北か。必要なのはそれだけだ、求めるのは最強の称号。
俺のこの赤い左腕はなにを持てば良い? 何を狙えばいい?
俺の敵はどこにいる? 俺は何と戦えば良い?

俺は傭兵だ、どうしようもない傭兵だ。
戦うことしか知らない傭兵だ、戦場に生き戦場で死ぬ。そういう生物だ。

私は戦うことでしか己を感じられない。
私には戦いしかない。
私に……私に生きる意味をくれ……






【以下、英訳ver 但し諸事情によりエキサイト翻訳】

To me …… I am raven , and I give me the place against which it fights, and am Links ……

Moment connected with bombing smell of smoke of powder, roaring …… booster, and steel and airframe.
It is sweet pleasure by the time it destroys the all.
It means the life there, and there is pleasure where it lives.

Is it victory or a defeat? It is the strongest title only whose necessary the one is it that requests.
What should have by this red left arm of me? At what should you aim?
Where is my enemy? How do I only have to fight?

It is a helpless mercenary whose I am a mercenary.
It is a mercenary who doesn't know this year when it fights, and it lives in the battlefield and it dies in the arena of warfare. It is such a living thing.

I get yourself felt only by fighting by me.
I have only the fight.
To me …… It gives me the point of living ……